ビリヤードと日々の日記

趣味はビリヤード。エンジョイA級として細々とビリヤードを続けているプレイヤーの日記。近年はほとんど試合などに出れていません。元ブラッドワース使い。現在は極虎目のキュー達を使ってます。ツイッター「@blud9」やってます!

練習系動画2つ

さてさて、そういえば最近、YouTubeの方に珍しく練習系の動画を2つほどアップしてみました。

 

こちらです!

 


2球取りきり! ~色々な出し方~

 

もう1つはこちらです!

 


強く撞いてみよう!

 

まぁ、いずれも初~中級者向けの内容かなと思います。

(上級者向けなど作れるわけがないっ!!苦笑)

お時間ございましたら観てみてくださーーい。

4種類の声

さてさて、Geez C8 INFINITYを使用開始してしばらく経ちますが、バランスの関係からか、まだ慣れてない部分があります。X-RING(8g/12g)を付けたり外したりしながらいろいろ振ってみてあれこれやっておりますが、イマイチな日は、どーにもインパクトのタイミングが合わないときがあります。

 

どうやったらインパクトのタイミングを合わせられるんだ~~!?と悩んでおりましたところ、ツイッターのフォロワーさんからちょっとしたアドバイスをいただきました。

 

それは、、、

インパクトのタイミングに合わせて声を出してみる」

というものです。

 

おっ!これはいいかも!?と思った僕はさっそく試してみました。発声する言葉は何でもいいと思うのですが、とにかくインパクトの瞬間に合わせて声を出してみます。やり始めて少しすると、、、ん?これはショットの種類によって、それに合わせた声を出すのがより効果があるかも?と思いました。

 

僕自身のショットの種類を探ってみましたところ、大きく分けて以下の4つっぽいことが分かりました。

 

〇トンッ!

〇パンッ!

〇キュッ!

〇グイッ!

 

の4種類です。

 

まず「トンッ!」ですが、、、

これは単純に転がすようなショットや弱めのショットなどの時

次に「パンッ!」ですが、、、

これはスタン系のショットやトンッ!よりも強めのショット、キューを利かさず弾くようなショットなどの時

次に「キュッ!」ですが、、、

これはフリがある球でなるべく引きの反応をクイックに出したいようなショットなどの時

最後に「グイッ!」ですが、、、

これは文字通り、グイッとキューを突っ込むようなショット・キューを利かすショットなどの時

 

といった感じのようです。以上の4種類の声を各ショットごとに合わせてインパクトの瞬間に発声していく練習です。

 

(ちなみにですが、、、同じミドルレンジのストップショットでも、撞点高め・スピード速めで止める場合は「パンッ!」で、撞点低め・スピード遅めのころし球のようにして止める場合は「グイッ!」という感じになります)

 

これは、なかなかいいですね!!(^_-)-☆

インパクトのタイミングが合うようになるだけでなく、それと連動して理にかなったテイクバックになってくれるようです。

 

これまで、テイクバックが必要以上に速くなってしまうという悪癖を改善しようとして、テイクバック自体をどうにかしようとやってきたわけですが、、インパクトのタイミングを合わせるための”手段”と考えるのもいいかもしれませんね。

 

そんな感じでプレーしておりますと、おおよその傾向も見えてきます。

僕はだいたいの場合は「トンッ!」と「パンッ!」がメインになるようで、それよりも低い頻度で「グイッ!」を使い、たまに「キュッ!」を使っているようです。

 

現時点ではまだホームの台で撞いていないので、実際の球撞きにおけるどーのこーのはこれからになりますが、こういう面白い発想から自分の球撞きの悩ましかった点が改善されていく(いきそうな気がする)のは楽しいですよね~(^^♪

 

ホームのマンスリーにも参加できず、ホーム以外の球屋にも行けず、相撞きもほとんどないという、寂しい球ライフを送っておりますが、、、またそれらに復帰できるときのために、少しでもレベルアップしておきたいですね!!

前に突っ込む意識

さて、、、Geez C8 INFINITYシャフトを使用し始めて3週間近く経ちますが、、、

現時点の状況です。

〇タップを「斬Boost」に交換しました

〇X-RING 8g を装着するようにしました

〇バット内のイモネジは元に戻しました

以上により、(まだ少々軽く感じますが)とてもとてもいい感じで使えるようになりました(^_-)-☆

 

元々シャフト自体のパワーやキレ、独特のテーパーによる振りやすさという多くのメリットがあり、使えるようになればすごい武器になりそうだと思っていたので、着々と仕上がってきているという感じでしょうか。今後も楽しみです♪

 

ところで、そのシャフトやタップのおかげもあってか、引き球がキレないキレないと嘆いていたこんな僕でも、それなりに引けるようになってまして(笑)、そこからさらにもう一歩引き球を安定させるべく頑張っております。

 

まず、昔っからそうなのですが、強めの引き球・そうでもない引き球問わず、僕が引き球を撞くときは、ほぼほぼ【ヘッドアップ】してます。自分でもそう感じますし実際に自録りした動画を観てもそうなっております。

 

ヘッドアップしてしまったときは、撞く直前まで先球を見ていた目線がフッと飛んでしまい、一瞬どこを見ているのか分からなくなるので、、、そうなったときは、ヘッドアップしてしまったなぁ~と自分で分かります。

 

そんな状態を改善すべく考え出した方法が・・・

「引き球を撞く際に、前に体(頭)を突っ込む意識」です。

キューを突っ込むタイミングに合わせて、体(頭)も前に出すような意識で撞いてみよう!ということなのですが、、、これがまた思いの外いい感じでして☆

 

本来は体を静止させようといったような意識がいいのであろうし、逆に動かそうなどという意識は良くないものだとも思うのですが、、、それらを踏まえたうえでの意識ですね。

 

(以前、ヘッドアップしそうな球の時は、ヘッドダウンを意識して撞いてみよう!などとやったことがありましたが、、、それに近いかもしれません)

 

で、この意識をもって引き球を撞きますと、自分の感覚では先球から目線が飛ばないですし、自録りした動画を観てもほぼヘッドアップしていません。まだ過剰意識でやってる面もあるので、実際に体(頭)が前に少し動くようなときもありますが(;^ω^)

 

そして、キューを突っ込むタイミングで体(頭)を前に突っ込もうとするので、ショットタイミングが合いやすい&ヘッドアップが抑制されるのでブレが減る&ゆえに、しっかりした引き球が撞ける、、、みたいな好循環の状況となっております。

 

あまり過剰には意識しすぎることなく、うまく取り込んでいけたら良さそうだぞ!という手ごたえがありますね。引き球が安定して撞けるようになると、引き球の成功率が上がるだけでなく、プレー全体にもいい影響を及ぼすことは過去の経験からよーーく分かっているので、「引き球が良くなること」の効果にはどうしても期待しちゃいますね!

 

といったことで、最近も平日の夜や土曜日の早朝に細々と球撞きに行っております。

まだまだ新型コロナウイルスも油断はできない状況かと思いますので、致し方ないかなと思う面もありますね。一人練習がほとんどなので、たまには相撞きしたいな~と思ったりなんだりしております(苦笑)

 

ホームのマンスリーで優勝する!という目標は一応は持ってますが、、、そもそも参加できるように戻れるのが来年の春頃になりそうなので、、、今は地道に地力を蓄えていけたらなぁ~と思ってます。

Geezシャフト C8 INFINITY

だんだん涼しくなってきて、秋の気配を感じ始めている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?僕は相変わらずのペースで球撞きをしておりますが、平日夜にも球撞きに行くようになり、徐々に練習時間を増やしているところであります。

 

そんな中、新しい武器をゲットいたしました!

最近発売されたばかりの、、、Geezシャフト【C8 INFINITY】です!!

カーリーメイプル8枚貼り合わせという世界初の試みになるシャフトです(≧◇≦)

 

Geezキューのラインナップと詳細はこちら↓↓↓↓

 

ビリヤードキュー専門店|Geez Cue【公式】(TypeG、TypeS)

 

ビリヤードキュー専門店|Geez Cue【公式】(C8 INFINITY)

 

なお、使用開始初日に撮影した動画はこちらになります! ↓↓↓↓

 


Geezシャフト【C8 INFINITY】ゲットしたよ!!

 

ここから現在4回ほど使用しておりますが、、、

〇最初引けなかったのですが、タップ(BIZEN)を調整することによって引けるようになった☆

〇押し・引き・捻り・弾き・etc... 性能的に抜群です!

〇ただちょっと自分的には少々軽い。絶対的な重さはありますが、構えた際には軽く感じてしまうバランスのようで、慣れる・合わせるのに一苦労している段階(;^ω^)

 

といった感じです。X-RINGを付けてみたり、バットに入れているイモネジを調整してみたりいろいろやってますが、、、前バランス好きの僕としては、振り易さという観点からは前のシャフトの方が気持ちよいので、、、そのあたりどうなっていくか?これからの楽しみであります。

 

気になる方は、ぜひHPの商品紹介や僕の動画を観てみてくださいね~(^^♪

スタンスの前足とBIZENなテンボール2

さて皆さんこんにちわ!相変わらず細々とした球撞きが続いておりますが、、、9月に入りましたもんで、ぼちぼち平日夜のホームでの球撞きも再開していきたいと思っている今日この頃です。

 

前回、改良フォームについて少々書きましたが、少し発展?がありました。

前回は、体の形などはそのままで右肘だけをグッと外側に出すように改良してだいぶ真っすぐに振れるようになったと書きましたが、、、いかんせん違和感が大きいのと、グリップがかなり内巻きになってしまうようで、このあたりは「自然じゃないかなぁ~?」という印象でした。

 

んで、なぜ右肘が内側に入りやすいのだ?と考えた際に、体全体や腰が右斜めを向くとそれに連動して右肘は内側に入りやすそうだということを思い出しましてね。

 

もう少し体全体や腰を正面向きにする・ねじる?と、自然と右肘も外側に出てきそうだなぁ~と思ったわけです。

 

では、どうすれば体全体や腰を正面向きに出来るか?と考えたときに、、、

 

「スタンスの前足を出す際に今までよりも外に出す」ようにすれば、自然と体全体や腰も少し正面を向き、それに連動して右肘も今までより外に出るのでは?と考えたわけです。

 

そんな更なる改良?を施しながら、BIZENタップ付きテンボール動画を録ったのが、以下の動画です。 ↓↓↓↓


BIZENタップでテンボール2

 

どうですか!?わりといい感じじゃないですか!?

僕にしては珍しく、マトモに取り切れてる感じしませんかっ!?(笑)

 

感覚的には、構えに入る際にスタンスの前足の出し方だけ注意すれば、後は連動していい感じ構えられそうなので、これは良さそうだなぁ~と思っているのですが・・・

(*^-^*)

 

ということで、こんな感じで引き続きフォーム固め・基礎練習をやっていこうかと思っております!!

BIZENな取りきり

さてさて、さっそくこの前の土曜日・月曜日とBIZENタップの試し撞きに行ってきました!!

 

いやーー、イイですよっ!ほんと、イイですよっ!!(≧◇≦)

土曜日は初日でしたので、まだまだ成形しきれていない&撞き締まっていないような感じだったとは思いますが、とても感触が良くてですね!その感じをお伝えしたくて、YouTubeの方に動画をアップしました!

 


BIZENタップでテンボール!!(^^)/

 

 

そしてそして!

土曜日の球撞きの後、タップ側面などの成形をしっかりしたのと、そこそこ撞き締まってきたこともあって、月曜日にはさらにイイ感じなったんですよね!!

 

その様子は、Twitterにて!

 

 

 

と、まあこんな感じでございまして、現在のところ満足満足でございます(^_-)-☆

 

ちなみにですが・・・

特にこの2日間の球撞きにおいては、BIZENタップともう1つ変わっている点がありまして・・・

 

それは、「改良フォーム」です。

 

この春の自粛期間~最近まで何度か真正面からの自撮りをしているわけですが、どうしてもキューを真っすぐ引いて真っすぐ出すということが出来ていなかったのです。それを何とか改善すべく手はないかと、長年なんともできていなかった重い腰を上げましてね。。。

 

とにかく自分の中でキューをもっと真っすぐに振るためにはどうすればいいか?と試行錯誤したり、真後ろからレーザーを照射して検証してみたり(笑)したわけです。

 

結果、「右肘」が少し内側に入りやすく、それによって極端な話サイドストロークのような形になっているのではないか?ということが分かりました。なんとなくですけど(苦笑)

 

よって、右肘をしっかりと外に出してみよう!!と変更しているのでした。

変更後の結果は良好なので、効果があるのは間違いないと思われます。

 

まぁ、、、パッと見どこが変わってるのかほとんど分からないと思いますが、本人まだかなり右肘を外に出っ張らせているような感覚です(;^ω^) 少々気持ち悪いんですが、過去の経験からもそれなりに撞いて2ヶ月とか続けると様になってくることが多いので、その感じで頑張りたいなと思っている次第です。

 

ということで、引き続き細々と頑張っていきたいと思います!!(^^)/

 

BIZENタップ

さてさて、いよいよ到着いたしました!!

 

ジャーーン!!

 

f:id:blud9:20200814151110j:plain

 

先日、YouTubeで行われた土方Pのプレゼント企画に当選し、BIZENタップをいただけることになっていたのです!!

 

当初は7月上旬の発売予定でしたが、1ヶ月ちょっとずれ込みまして、やっと販売となったようです。それに合わせまして、当選者にも送付されたって感じですね。

 

到着する前々から、どのシャフトに付けようかな~といろいろ悩んでおりましたが、スペアのHP2に付けることに決めました。で、その後は「座」をつけるかつけないかどうしようかな~と考えていたのですが、、、

 

結局、イグナイトプレートを付けて、その上にBIZENタップをつけようと思いましてね、、、さっそく作業に取り掛かったわけです。

 

f:id:blud9:20200814151118j:plain

 

思いの外イグナイトプレートが硬めでやりにくかったですな(苦笑)

 

そして、なんやかんややってそれなりに形になったのがこちら!

 

f:id:blud9:20200814151126j:plain

 

まだ完全に成形しきっていないですが、おおよそ使える状態になりました☆

BIZENタップ自体は、側面をカットしている感触としてはわりと柔らかいかも?って感じでしたねー。削り易かったです(イグナイトプレートが硬めだけになおさら・・・(笑))。Rをつけるのもそんなにガツガツせずに出来たので、付けてからはわりと早く作業できた気がします。

 

ということで、さっそく自宅の7f台で撞いてみると、、、

 

側面を削っていた時にイメージしたほどは柔らかくなさそうです。わりと硬めな印象で、撞いたショットに対して素直な感じというんでしょうか。使いやすい気がしました。・・・とはいえ、7f台では出来ることが限られるのと、距離も近く弱めのショットばかりになるのでそうそうすぐに評価できるものでもないかなと。

 

ですので、次回また早朝練習に行った際にでもじっくりと考察・検証してみたいと思っている次第です。

 

ツイッターなどでテスト品を付けてレビューされてる方々をチラホラとお見掛けしましたが、軒並み好評価が多いようなので、、、そのあたりを楽しみにしたいところですね!

 

なお、、、詳細はこちら

〈BD〉極上の撞き味を今ここに。牛革積層の『BIZEN TIP』(ビゼンタップ)、8月20日一般発売開始! - ビリヤードデイズ

ビリヤードデイズさんの記事をご覧ください。

一般発売は8/20とのことです!