ビリヤードと日々の日記

趣味はビリヤード。エンジョイA級として細々とビリヤードを続けているプレイヤーの日記。近年はほとんど試合などに出れていません。元ブラッドワース使い。現在は極虎目のキュー達を使ってます。ツイッター「@blud9」やってます!

真っ直ぐね

さてさて、最近巷では「フォーム解析」が流行っているようですね。僕も機会があれば受けてみたいなとは思っているのですがねー。いやはやなかなか時間が取れませぬ。

いや、時間は取るもんだ作るもんだということからすると、そこまでして受ける本気度はないのかも(苦笑)

でも、無理なく受けれる状況になれば受けてみたいものですね。

巷での内容を見ていると色々なことを色々な角度から見て、色々なことを教えてくれているようなので凄いなーと思いますねぇ。

そんな中自分でなんとか真似事をしてみようとするなら、やっぱり“超簡易的”には以前紹介したこちらを思い出すんですよねー。





(これも原案は西尾P?(笑))


当然外から客観的には自分を見ることは出来ませんが、自分目線で真っ直ぐ構えられているかどうかは分かります。

以前この道具を使用して自分が真っ直ぐ構えられているかどうかを調べた際に、立っている位置から顔が右斜め下に向かって降りていることに気付いたのは大きかったです。

立って見ている位置そのままで自分は構えているつもりでも、実際に構えた際には体は少し右に寄っているわけですから、そりゃあズレも生じるでしょうよ、という感じですよね。

もしくは、体や顔は真っ直ぐ下に降りたとしても、顔の向きが変わるとこれまたズレが生じる。

だいたい僕の場合は構えた時点で右撞点を狙っているように構えてしまう、ということと、狙いたい厚みよりも左に狙ってしまう、ということが不調時には多いです。いやもう、ほとんどがそう。

そういったことを気付かせてくれるのがあの道具です。

普段通り構えると何か異常がある→自分のやってしまいがちな悪いクセが分かる→どのように構えると真っ直ぐ構えられるかテスト出来る

といった具合ですかね。

これが判明したとき以降、真っ直ぐ構えるということを時折意識しております。

立って見ている位置から、体と顔を真っ直ぐ下ろしてあげる、そういった意識ですね。

最近では、構えに入る前に立っている位置で目の前にフィリピンブリッジのクローズドブリッジを作ってます。そしてそのままショットによってはブリッジをオープンに変えながら、真っ直ぐ下に下ろすようにしてます。

その真っ直ぐ下に下ろしている(であろう)ブリッジを目安に体・顔も下ろしてあげると結果真っ直ぐ下ろせるということになります。

それが出来てくれば、狙いに対して実際真っ直ぐ狙えるので、イメージと実際との誤差を縮められるような気がしてます。

肝心なのは真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すことであり、上述したことはこれに対する大きな手助けになるのではないかと思っております。



そういやしばらく自分の動画撮ってないですねー。前後左右から撮影してもらい、客観的に自分を観るってのは凄く大事だと思います。

また少し時間が取れたら、、、って、またそれか!ってなりそうなので、このへんでおしまい!(笑)


↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!