ビリヤードと日々の日記

趣味はビリヤード。エンジョイA級として細々とビリヤードを続けているプレイヤーの日記。近年はほとんど試合などに出れていません。元ブラッドワース使い。現在は極虎目のキュー達を使ってます。ツイッター「@blud9」やってます!

不調脱出へ

さて、土曜日のJPAの後のなんだかんだの不調を払しょくすべく
土曜日の夜は自宅にて素振りに励んでいたのですが。。。



やっぱり、ビリヤード台で撞いて修正したい!!



という念が強くなりましてね(笑)



日曜日はお出かけだったんですけど、その合間にコソ練を
しに行ってしまいましたよ!本当はセスパに行きたかったん
ですけど、いたしかたなし(笑)


何をしたかというと、終始フォームやストロークの修正。


とりわけ意識していたのは、以下の点


・顔の向き
・顔の高さ
・ブリッジの位置
・ブリッジの向き
・左腕の張り具合
・左足のスタンス
・右手脱力
・テイクバックを小さく

・ダシのイメージをしっかり



でですね、、、


素振りをしていた時にちょっと気づいたのは、1点目が、左手の
ブリッジを置く位置が、イメージよりも左だったかもしれないと。

そうすると、全体的にキューが左を向くことになるか、右ヒジ自体
が体に近寄ってきて、僕の決定的な悪癖、手球が左にズレると
いうのを引き起こしているかもしれないなと。


もう1点が、上記でいうところの顔の位置が低くなってしまって、
懐自体が狭くなり、窮屈感が出ているのではないかってことです。


ということで、上記のポイント中でも特に2点、ブリッジの位置と
顔の高さについて意識してフォーム修正を試みたわけです。


ええとですね、とても感じ良かったです☆


特に、自分的には昔っからそうなんですけど、球を入れたい
入れたいって思うと、体全体がグッと下に沈んで、顔の高さも
下がり、キューが顎に触れるくらいまで下がってしまいます。
実際にテイクバックの時にはキューが顎に当たってしまい
ますしね。


そうなると、今度はキュー出しが窮屈になって、気持ちよく
振れないわけでございます。


なので、厚み重視で低い位置でしっかり狙ってあまりキュー出し
を大きくしないか、顔の位置を少し高く上げて懐を広くして、多少
狙いにくくなっても、キュー出しが気持ちよくできる方を選択するか。


いつも悩ましいところなんですけど、今くらい厚みがしっかりと
狙えるようになってきていれば、懐を広くする方を選択した方が
いいのかなと思っている次第でございます。



それと、これは再度の発見?だったかもしれませんが、土手撞き
の時に特になんですけど、左腕を突っ張ると非常にやりにくかった
んですよ。

で、左腕を自然に曲げて、こちらも少しゆったり感と言いますか、
懐に余裕を持たせてあげるようにしてあげたら、だいぶ気持ちよく
撞けるようになったんですよね。この辺はかなり収穫でした。


以上のようなことにより、一人練習における撞き込みでは成果が
あったように感じられるコソ練でした。

あとは、またセスパに戻って実戦でどうか、、、またJPAなどで
成果が出せるかどうか、、、



チャレンジでございますな!!!




↓ ポチッとクリックお願いします!
人気ブログランキングへ
皆さんの色々なコメントも募集中です!!